仮住まい 引越し

仮住まいへの一時的な引越し

仮住まい 引越し

 

家のリフォームや建て替えをする時は、一時的に仮住まいに入居する必要があります。
しかも荷物を2回移動させなければならないので、引越し費用が結構かさみます。

 

それと一軒家に入っていた荷物をすべて仮住まいに移そうとすると、かなり広い物件を契約する必要があります。
広い賃貸物件は当然家賃が高くなるので、不経済ですね。

 

レンタル倉庫を借りるという方法もありますが、レンタル倉庫を借りるのには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料などの費用がかかります。

 

手間もかかりますし案外面倒ですよね。

 

実は引越し業者は家財を一時的に預かる「一時預かりサービス」をオプションで行っています。
保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などがかかりますが、レンタル倉庫を借りるよりは手間は少なくて済みます。

 

ところで不用品を保管するにも運搬するにも費用がかかります。
できるだけ荷物は減らしましょう。

 

仮住まいを探す時は不動産会社に「リフォームによる短期契約が希望」であることを伝えておきましょう。
短期と知らずに契約すると退去の際に違約金を請求されることがあるそうですので、契約の際にしっかり確認してくださいね。

トップページ > 高松の引越し業者の選び方