引越し業者高松

高松の引越し業者の選び方

引越し業者高松

引越し 見積もり 高松

引越し費用 高松

引越し価格 高松

引越し料金 高松

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると高松市だけでも80件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用のしくみ

 

引越し料金仕組み

 

引越しの費用は一人暮らしでも数万円、遠距離引越しになると数十万円になることもあって驚きますね。
なんでこんなにかかるのか、不思議に思いませんか?

 

引越し費用仕組み

 

引越し費用は人件費と移動距離とオプションなどいろいろな要素で決まります。

 

荷物が多い引越しだと通常2人で行う作業を3人で行うことになります。
エレベーターのない物件は何往復もしなければならないため、やはりスタッフが増えます。
長距離に引越しはトラックを運転するスタッフと交代するスタッフが必要です。

 

このようにスタッフが増える要素のある引越しは、人件費の分費用が高いのです。
ですから荷物は引越し前にできるだけ減らしておきましょう。
不用品を運ぶ費用もしっかり徴収されるわけですから、もったいないですね。

 

不用品は人にあげたり、リサイクルショップに引き取ってもらったり、捨てたりしてなんとか処分しましょう。

 

 

引越しの時期と値段の差

 

引越し時期

 

引越しの値段は1年中同じではなく、時期によって変わります。

 

引越しには1年で一番忙しい繁忙期があります。
繁忙期はそうでない通常期に比べると、引越し料金が高めに設定されています。
ですからもし時期にこだわらないなら、繁忙期は避けた方がお得です。

 

1年で一番忙しい繁忙期は3月です。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月に新天地にむけて引越しします。
さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。

 

これだけ多くの引越しをする理由があるのですから、それは引越し業者も忙しいはずです。
引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、土日祝日など日に寄っては手が回らないことも。
そういう日は本当に依頼をお断りされるのです。

 

繁忙期は特に引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてことがあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

もちろん繁忙期でも安い業者高い業者はありますから、見積もりを比較して少しでも安い業者やサービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しの挨拶

 

引越しの挨拶

 

引越しの挨拶はどこまですればいいのでしょうか?

 

マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方への挨拶が一般的です。

 

これら集合住宅の生活音は案外気になりますので、挨拶をして顔見知りになっておくことは大切です。
もしあなたの隣の人がうるさくて顔も知らない人であれば、ためらいなく壁をバンバン叩いて抗議しますが、顔見知りになっていると何となくやりにくいですよね。
大家さんや管理人さんが近くにいる場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言います。
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しようということです。

 

一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制というところが多いです。
自治会長さんにもご挨拶しておいて、ゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。
一戸建ては集合住宅よりも、長く住む可能性が高いのでご近所トラブルは避けたいものです。

 

挨拶だけでももちろんいいのですが、簡単な粗品があったほうが挨拶に行きやすいかと思います。

 

粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいます。
洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子など人気です。

 

挨拶はできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。

 

 

おおまかな引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな手順を把握しておくだけでも負担がかなり減りますよ。
ぜひ引越しをする前に、一度ご確認ください。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけでもすることがたくさんありますね。

 

引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんが、これはまず新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。
物件の近くにトラックが停められないこともあるので、そうなると人海戦術となるため費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからがいいのです。

 

さて次は、不用品をどんどん処分していきましょう。
とりあえず新居に持って行って後でゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるので勿体ないのです。
売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、最寄りの市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。転出届を出さないと新居での手続きが進みませんし、出し忘れると一度戻ってくるか郵送してもらうなど手間がかかるので、お忘れなく。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
ガスは大元のガス栓を止める作業を立ち合いでする場合がありますので、余裕を持って連絡しましょう。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは困りますね。
ですから最寄りに郵便局に行って転送届を提出しておけば、1年間は新居に転送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届の提出が必要です。
これで選挙のお知らせなどがちゃんと届きます。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
先延ばしにすると忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

引越しと児童手当の手続き

お子さんがいらっしゃる家庭ですと、引越しの書類は自分の手続きだけでなく保育園、幼稚園、小・中・高校など学校関係のものも提出しなければなりませんね。

 

同じ市内での引越しであれば、児童手当の給付元が変わりませんので「住所変更届」を市区町村役場に提出すればいいだけです。
しかし市外への引越しの場合は給付元が変わるために2種類の書類が必要となります。

 

まずは元の住所の最寄りの市区町村役場に、「児童手当受給事由消滅届」を提出して「所得課税証明書」をもらいます。そして引越しから15日以内に新居に最寄りの市区町村役場にて「所得証明書」と「児童手当認定請求書」など必要な書類を提出してください。

 

自動手当には15日特例があり、引越しの際にゴタゴタしてしまって児童手当をもらい損ねたということを防ぐためです。月をまたいだ場合に1カ月貰いそこなうということがあるのですが、引越し後15日以内に必要な書類を提出していればこの貰いそこねるということを防ぐことができます。

 

疲れたときはしっかり何日か休息を入れて場合によってはキャンセルも考えながらやると気が楽になります。予算が限られているのでできるだけ詰め方を工夫して荷物を減らしてやるのが料金を押さえて格安に引越するポイントに成ります。便利なグッズも有りますので早めに準備して連絡をいれて見積もりをとって転入届や転出届を済ませましょう。
営業さんの話をしっかり聞きすぎると自分の準備が間に合わなくなってさらに不安になることも考えられれます。給料をもらっている営業さんはいかに高額で契約するかが大切なので、あまり時間をとると相手の思うつぼになってしまいます。持っていく物が冷蔵庫などの大物家電を除いてどれだけ持ち運べるかチェックリストで確認してベッドのみなどのことはないと思いますので工夫してみましょう。

 

引越しは忙しいですけど何かと物入りですから、お金のことは忘れずに手続きしてくださいね。

 

 

 

 

引越し費用会社負担 引越し業者東大阪 引越し業者静岡